注目キーワード

楽天Edyをお得に使う!カードを無料で入手する方法は?楽天Edyカードに関する今更聞けない話。

2001年に登場したEdy。

当時、出たときは画期的で私もすぐ使い始めました。

ただその時Edyにチャージ出来るところが少なくちょっと不便だったんですよね。

登場から12年後、Edyの運営会社が楽天の傘下になり楽天Edyに改名してからまた再度注目され現在使用出来る加盟店数が約45万店舗あり、電子マネーの中で加盟店数2位なり全国どこでも使えるようになりました。

都会だとどの電子マネーも使用可能ですが、地方に行くと使えないなんて事が実際あります。

しかし、楽天Edyは一番の古株ですので地方でも加盟店数が多いため一番使いやすいかと思われます。

そんな楽天Edyを初心者の方にもわかりやすく説明していきたいと思います。

楽天Edyの種類

  • 楽天Edy には
  • おさいふケータイ用Edy
  • カードタイプEdy
  • クレジットカード付きEdy

この3種類あります。

おサイフケータイEdyはからダウンロード可能です。

ただし、このアプリはAndroidでしか対応しておりません。

iPhoneご使用の方はパソリ対応楽天EdyアプリをAppStoreからダウンロードしていただいて、パソコンリーダや楽天Edyリーダーなどを別途購入していただいたのち色々設定してから使用可能となりますので

「パソコン苦手(@@;)」

っていうiPhoneユーザーの方にはちょっとオススメ出来ません(笑)

なので今回はどなたでも使えるカードタイプ楽天Edyについて詳しく解説させていただきます。

カードの種類

カードタイプは正式名所がEdy-楽天ポイントカードです。

一枚300円にて楽天サイトにて購入可能です。

たまにキャンペーンで100円で購入することが出来るようですのでそちらか楽天サイトで細かくチェックしてみたほうが良いかもしれませんね。

カードは

この5種類が基本タイプとなります。

しかし期間限定で

 

このようなキャラクターやマスコットのEdy-楽天ポイントカードが登場するので自分好みのカードを手にするのもいいかもしれませんね。

期間限定のカードは値段が異なりますのでご注意を。

その他にも東北楽天ゴールデンイーグルスなどの年間パスやソニー、全日空、バンダイナムコゲームスの社員証、大学の学生証、みずほ銀行、楽天銀行などのキャッシュカードなどにEdyが機能がついたものなどもあります。

実際私の息子が通っている大学の学生証にEdyが付いていまして大学構内での買い物はすべてEdyでの支払いとなっています。

すごい世の中です(笑´∀`)

一般的には楽天サイトにて購入する訳なのですが

「無料で作ることは出来ないの?」

って方もおられることと思います。

大丈夫です!

無料で作る方法がございます!

無料でカードを入手する方法は?

無料で入手する方法ですが以下の方法が一番簡単だと思われます。

クロネコメンバーズカードに入会する。

ヤマト運輸のクロネコメンバーズに入会すると楽天Edy付きのカードが無料で発行されます。

初回は無料で発行していただけますが、紛失した場合は300円かかりますのでご注意ください。

Edyの他にnanaco、WAONも選ぶことが可能です。

このカードを使うとクロネコヤマトの宅急便をお得に使え、なおかつ楽天ポイントも貯まってしまうのです。

メルカリなどフリマアプリを使う方はぜひ入会してみてはいかがでしょうか?

クロネコメンバーズカード入会はコチラ

Edy機能付き楽天カードに入会する。

これが一番お得言えます(笑´∀`)

年会費永久無料で今なら新規入会で5000円相当のポイントをいただけます。

Edy機能付き楽天カードご入会はコチラ

他にも楽天ANAマイレージクラブカードというものもございます。

こちらは一年目は無料ですが、二年目から540円年会費がかかります。

しかし、年一回カード利用があれば無料となります。

また新規入会すると入会して利用するだけで最大11000円相当の特典プレゼントがございます。

その内訳ですが新規入会で2000ポイント。

このポイントは「楽天e-NAVI」で受け取ることが可能です。

「楽天e-NAVI」というのは楽天ポイントカード会員専用ページになります。

カード利用で5000ポイント。

カードお申し込み日の翌月末までにカードショッピングを1回以上ご利用するといただけてしまいます。

そして残りの4000円なのですがこちらはANA楽パック(航空券+宿)の予約時に利用できるクーポンとなります。

ただしこのクーポンは今年(2019年現在)の5月末出発分までです。

今年は10連休というゴールデンウイークもありますしこの機会に入会して活用してみてはいかがでしょうか?

さて、色々紹介させていただきましたがまだまだ謎はたくさんありますね?

カードに関してさらに詳しく説明させていただきます。

 

個人で何枚までカードを持つことは可能?

Edy-楽天ポイントカード、Edy機能付き楽天カードなど例えばどこかのお店で使おうとしたときうっかり忘れてしまった!ってことありませんか?

私はたびたびあるのですが、これが少額の買い物なら別にいいかとなりますが結構大きな買い物したときはかなりショックだったりします。

ポイントはバカになりませんからね。

そんな時、その時だけ作るってことが可能だったりするわけです。

Edy-楽天ポイントカードはすぐ作ることが出来ますから。

でも一体、一人何枚まで持つことが出来るの?と思ったことありませんか?

Edy-楽天ポイントカードに関しては一つの楽天会員に対して15枚まで作ることが可能です。

もちろん一つの楽天会員に対してですので何枚作ってもポイントがバラバラになるわけではなくちゃんとポイントは合算されています。

なのでもし仮に数枚持っていても大丈夫なのです。

使わなくなったカードは登録削除してから破棄する形になります。

そこだけは忘れずにしてくださいね。

 

Edy機能付き楽天カードはお一人様につき2枚まで作ることが可能です。

しかし2枚目を作れるのは一枚目にVISAブランドを選んで作った場合だけです。

他の国際ブランドカード、例えばマスターカードを選んだ場合は一枚だけしか持つことが出来ません。

すでに楽天カードをお持ちの方でVISAブランド以外を選択された場合は一枚までとなります。

ですのでもし2枚目がどうしても欲しいという方は面倒ですが一度退会して再度入会するしかありません。

また、Edy機能付き楽天カードのポイントについてですが他のカードとポイントは合算できません。

例えば普通の楽天カードから楽天ゴールドカードに変更したとしてもポイントは移行できません。

なのでEdyは使い切ってから破棄するなりしてください。

ちなみに楽天銀行カードはポイント機能はありませんので気をつけてください。

楽天Edyに関する事(チャージ方法など)を詳しく書いておりますのでこちらも併せて読んでみてくださいね。

あと、楽天カードは家族の方が使えるカードが本カード一枚につき5枚まで作ることが可能です。

この家族カードの良いとこは

  • 年会費永久無料
  • ポイントも本カード同様溜められておまとめ出来る。
  • 引き落としはすべてまとめて

という所です。

家計も解りやすくなることは間違いないですね。

 

楽天Edyをチャージする方法は?誰にでも解りやすく説明いたします。

カード解約方法?

いざ作りました。

でもあまり使わないし必要ないかも・・・・となった場合、解約手続きが必要となります。

解約しよう!と決めた場合、解約する前に確認しておきたいことがいくつかございます。

  • 公共料金の支払いに使っていた場合、他カードに移行しましたか?
  • 家賃など他のお支払い手続きもすべて変更しましたか?
  • カードご利用分の支払いは済んでますか?
  • Edy機能が付いたカードのEdyを使い切ってますか?

などあります。

しかしポイントなどはどうなるの?楽天で貯めたマイルは?など気になることはまだたくさんありますよね。

ポイントに関しては楽天市場会員さまであればそのままご使用いただけます。

楽天ANAマイレージクラブカードに関してはカード解約と同時に無効になってしまいますが、貯まっているマイルは別のANAマイレージクラブお客様番号にてご利用いただけます。

以上、すべて確認して解約したい楽天カードを手元に置いてから楽天カードコンタクトセンターにお問い合わせをして解約手続きを開始してください。

 

まとめ

楽天カードといってもそれぞれ色々ありますね。

ただ、ポイント貯めたいけどクレジットカードはいらないって方も多いかと思います。それであればEdy-楽天ポイントカードで十分かと思います。

しかし、ポイントを一番貯めたい場合はやはりEdy機能付き楽天カードなのです。

ポイントの一番お得な貯め方、どのカードを使えば一番お得かなどはまた別に詳しく書かせていただきます。