注目キーワード

PayPayの使い方をご存じですか?初心者の方にも解りやすく説明いたします。

  • 2019年3月3日
  • 2019年3月4日
  • PayPay
  • 193回
  • 0件

PayPayをご存じの方も多いはず。

今、第二弾のキャンペーンをやってますというCMも流れていますからね。

ですが実際の所、使い方がわからないからと諦めている方も沢山いるのではないでしょうか?

今からでも遅くはありません!

ぜひこの機会に使ってみませんか?

ということで仕組み、使い方などをご紹介させていただきたいと思います。

PayPayとは

PayPay(これからペイペイと書いていきます)とは2018年10月15日からサービスを開始したソフトバンクとヤフーが共同設立したPayPay株式会社が運営する、QRコード決済です。

「店舗に設置されたQRコードをスマートフォンのカメラで読み取って金額入力して支払う」

「ご自分のスマートフォンに表示されるバーコードを店員さんに見せて読み取って支払う」

の二種類のみです。

ペイペイの使い方はそれだけではありません。ペイペイ同士でで送金も可能なのです。

まだまだ発展途上ではありますがソフトバンクがかなり力を入れており、こういうシステムを導入する際普通は多額の経費がかかるのですがこのペイペイは初期投資・固定費・決済手数料・入金手数料が無料なのでお店側も導入しやすい為、この先利用できる店舗数は莫大に増えていくことが予想されております。

PayPayの利用方法

ペイペイの登録方法ですが、大半の方がここでめんどくさい、解らないで断念されていると聞きます。

しかしそんなに難しいことはありません!

画面で指示されたとおり登録すればいいのです。

なのでめんどくさがらずにやってみましょう。

まずご自分のスマートフォンがAndroidであればGoogleプレイから、iPhoneなのであればApp StoreからPayPayをダウンロードします。

私はアイフォンユーザーですのでこのように表示されます。

そして赤い̻̻四角で囲ったところを押します。

するとダウンロードが完了します。

ダウロードを終えアプリを開くとこのような画面が表示されます。

ヤフーIDをお持ちであればそれを入力していただければいいと思います。

お持ちでないかたは画面の通りに登録してください。

私は携帯番号を登録する方法を選びましたのでこのような画面になっております。

携帯番号を入力するとショートメールで認証番号なるものが送られてきます。

次の画面でその認証番号を登録すると

おめでとうございます!

登録完了です。

とても簡単ですよね。

そして登録すると残高に500円分をいただけます。

PayPayへの入金方法

ペイペイを使うためには入金をしないといけません。

その方法としては3種類あります。

銀行口座から入金

銀行口座から入金する場合、三菱UFJ銀行以外の各銀行口座からチャージすることができます。
銀行口座から「チャージする」をタップすると入金できます。

銀行を利用する場合はネットバンク契約が必要ですのでご注意ください。

※ネットバンクとは、支店や店舗を持たず銀行サービスのほとんどをインターネットで提供する銀行です。ホームページで振込みや振り替え、残高照会など様々なサービスを利用できます。

Yahoo!マネーで支払う

Yahoo!マネーで支払うためにはYahooIDと連携する必要があります。入金はYahoo!ウォレットの預金払い用口座、コンビニでの現金チャージ、ヤフオクの売上でできます。

クレジットカードで支払う

クレジットカード支払いに対応している国際ブランドはVISAとMastercadのみです。

JCBはYahooカードでなら利用可能ですが、他のクレジットカードでは支払うことができません。

私はヤフーIDを持っていましてヤフーウォレットにクレジットカードを登録してあったのでこちらを入金に選択しました。

やり方としては

お支払い方法の管理画面を出します。

そしてクレジットカード選択

ヤフーウォレットからインポートを選択すると

 

このような画面が出てきます。

ヤフーにログインすると

このような画面ができてきてご自分の携帯番号を入力します。

そうするとショートメールにて認証こーどが送られてきますのでそれを入力すると

登録完了となります。

こちらもそれほど難しい作業ではありません。

これで入金もできるようになりましたので正式にペイペイを使えるようになりました。

ヤフーウォレットを利用されてなおかつヤフープレミアム会員の方であれば5回に1回の確率で最大1000円相当戻ってくるキャンペーンもやっておりますのでぜひこの機会に使ってください。

銀行口座利用を考えている方はジャパンネット銀行を開設してみてはいかがでしょうか?

いま新規開設すると現金1000円プレゼントキャンぺーンをしておりますのでいきなり1500円入金された形で利用できますよ。

ジャパンネット銀行を開設したい方はこちらから。

PayPayのメリットは?

ペイペイは言うほど複雑なものではありません。

誰でも使いやすくできています。

そして支払い方法も2種類ですから迷うことがありません。支払い時、わからなかったら店員さんに任せてしまえばいいですし。

上記にも書きましたが現在利用できる店舗数がかなり拡大されております。

 

  • 飲食店

魚民 白木屋 千年の宴 笑笑 ピザーラなど

  • 家電量販店

100満ボルト ビックカメラ コジマ ヤマダ電機 など

  • タクシー会社

第一交通産業 三和交通など

  • コンビニ

ファミリーマート ポプラ ミニストップ

  • その他

HIS サツドラ 島村楽器 ビックエコー 眼鏡市場 など

 

全国展開しているお店をピックアップしましたがまだまだたくさんあります。

そして近日対応予定のお店が牛丼の松屋や養老乃瀧、ローソン、ライトオンなどがありますのでさらに便利にどこでも使えるようなりますね。

また今日発表されましたが北海道で人気の回転寿司店、なごやか亭でも利用開始されました。(イオン発寒店除く)

北海道民には溜まらないお知らせです!

またペイペイは「200円=1ポイント」が貯まる「ぺいぺいサービス」サービスも実施中です。

貯まったポイントは後日ぺいぺいを利用できる店舗で「1ポイント=1円」で利用できます。

決済方法をクレジットカードにすれば使用している「クレジットカードポイント」も一緒に入手できるのでお得にポイントを二重取りすることが可能です。
ペイペイのボーナスは月々最大「5,000ポイント」まで還元されます。

貯まったボーナスポイントの有効期限は2年間で期間が長いのも安心な点ですね。

そして現在前回の100億円還元キャンペーンの第二弾が実施中です。

最大で20%というのは前回と同じなのですが今回は条件があります。

ペイペイ残高とヤフーマネーを使用した場合が20%還元となります。

ヤフーカードを使用した場合は19%、他のカード使用の場合は10%で利用上限金額が設定されています。

なので前回よりはかなりシビアなので全然盛り上がってない感じですのでこの点だけはデメリットと言えますかね。

まとめ

ペイペイはかなり便利なスマホ決済ではあります。

ですが中には「やっぱりあまり使わないな」と思う方も居るかも知れません。

ペイペイは一度登録してしまうと完全退会は出来ません。

ログアウトといってペイペイのアプリに入らない状態になるくらいで、登録情報はずっと残ったままになります。

なのでそういう事が気になる方はよく考えてから利用された方が良いかもしれませんね。

しかし、スマホ決済が当たり前の時代になるのはもうすぐです。

もしかしたら来年の東京オリンピックをきっかけに本当に当たり前になっているかもしれません。

乗り遅れるまえに使ってみるのもオススメいたします。